2106年12月13日

2007年度学生会会長選挙:投票の詳細

投票日時:12月13日 午前9時〜12月15日 午後9時
固定投票所:学生会館1階(うりずん下)にて、毎日11:50〜12:50
移動投票は随時行われます。

移動投票場所は発表され次第、このブログでもお伝えしようと思っています。
自分がとっていない授業であっても、投票のために移動投票場所に行くことは可能です。ただし、授業をとっている学生の迷惑にならないように心がけてください。
→選管の判断により、不可能になりました。
不確定な情報を流したことをお詫びします。

→選管の対応が二転し、可能になりました。
自分がとっていない授業、所属していないサークルであっても、投票のために移動投票場所に行くことは可能です。ただし、授業をとっている学生やサークルに所属する学生の迷惑にならないように心がけてください。

投票は全て終了しました。
この選挙に関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました!!!

開票は12月16日午後1時からサークル会館101号室で行われます。
posted by 宮原一郎 at 00:42| Comment(27) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

開票結果をうけて

本日サークル会館で行われた開票の結果、私の落選が確定しました。
私の力不足でこのような結果になったことを、応援していただいた多くの皆様にまずお詫びいたします。

選挙方法に関しては多くの問題点があったと思いますが、民意を反映していないものとは言い切れず、この結果は真摯に受け止めます。

現在の琉大学生会は、私が今まで明らかにしてきたとおり、数多くの問題を抱えています。

当選した橋爪さんにはそういった問題としっかりと向き合って、真に学生の代表といえるような学生会を作っていっていただきたいと思います。

また、今回の選挙で多くの有権者の方が自治会の問題に対して考えるきっかけになったとも思います。

そういった意味で、今回の私が取った一連の行動は決して無駄ではなかったといえるのではないでしょうか。

以前も述べましたが、固定投票所には連日行列が出来ていたそうです。
今までの信任投票では考えられないことです。

有効投票数580票のうち、約43%の248票という支持を私に対して向けられたということを心から感謝します。
私の人生のうちで、ここまで多くの人に期待していただくことは、後にも先にもなかなかないことだと思います。

そういった経験によって私自身非常に成長できたと思っています。

また私事ですが、立候補宣言から立候補届出の間に一緒に寮に暮らしてきた兄弟と呼べるような存在の友人を亡くしました。

精神的に厳しいタイミングでしたが、私の選挙についてずっと気にしてくれていた彼の思いも考えながら、出来る限りの努力をしてきたつもりです。

今後も現在の体制に対して疑問の声をあげていきたいと思います。
次の選挙に出馬することは出来ませんが、私の考えに同意して選挙に出たいという意欲を持つ人があらわれたら、全力で応援したいと思っています。

最後になりましたが、改めてこの選挙に関わってくださった全ての人に感謝いたします。
本当にありがとうございました!

宮原一郎
posted by 宮原一郎 at 19:14| Comment(10) | TrackBack(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投票結果のおしらせ。

有効投票数580票
橋爪翔 332票 当選
宮原一郎 248票 落選
以上のような結果になりました。
私からのあいさつは後ほどアップ致します。
posted by 宮原一郎 at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

12月15日、投票箱封印作業での選管とのやりとり。

本日、午後9時から選挙管理委員会室にて、選管委員長原氏、会長候補橋爪氏、宮原の3名の立会いのもと投票箱の封印作業が行われました。
現在、投票口の封印及び蓋と本体にかけてなされている封印の計二箇所では木製の投票箱では不正を防ぐためには不十分である、として封印箇所を増やすことを私、宮原が主張したところ、原委員長は頑なにそれを拒否しました。
「選挙管理委員会が責任を持って投票箱を管理する。」
との主張をしていましたが、移動投票のずさんなスケジュール調整(今日も実際に多くの有権者が投票の機会を奪われたそうです)や二重投票防止策を打ち出さない態度、あるいは応援演説においての宮原陣営への対応など、今までの選管の行動は到底信頼できるに足るものではありませんでした。
「私が投票箱を開けるとでも言うのですか。」
原委員長はこのように述べました。そういったことはないと信じたいですが、今までの対応や、頑なに封印を増やすことを拒む態度から、私としてはその可能性を捨てきることはできません。

今回の選挙は何年ぶりになるのかわからない決選投票であり、非常に多くの人の期待のもとに行われてきました。
昼休みの固定投票所には連日行列が出来ていたようです。今までの信任投票では考えられない出来事です。
また、選挙の対策のために両陣営は計り知れないくらいの労力や時間、お金を費やしてきました。

残念ながら原委員長に、そうした多くの人たちの思いがつまった投票箱を、それを開けようと思えば開けられる状態で一晩預ける、ということは出来ませんでした。それがこの選挙を戦ってきた者としての責任です。

一時間ほど議論を続け、原委員長は私に対し、「選挙管理委員会を非難したこと及び選挙業務妨害を働いたことについて、厳重に注意し、処分を検討する」と述べた上で封印を増やすことを認めました。
有権者の思いを守るための主張をすることで、処分がなされる。ばかげた話です。

どのような主張・処分が選管からなされるか、みなさん注目していてください。
posted by 宮原一郎 at 23:09| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年度学生会会長選挙についての申し入れ

選管の一連の対応を受けて、当ブログの記事「選挙方法に関する説明会」「告示4号とその対応」「選挙方法に関する抗議文」のプリント及び以下の文章を学長・理事に提出いたしました。

**********************************
2007年度学生会会長選挙についての申し入れ


琉球大学学長 森田孟進様
琉球大学理事 平良初男様

2006年12月15日

 2006年12月13日から本日、15日まで行われている学生会長選挙において、立候補者の私が再三に渡り、中央選挙管理委員会に対して二重投票の防止策を打ち出すよう要求しているにもかかわらず、誠意ある対応を見せません。
 大学が公認している学生会の選挙がこのような杜撰なやり方で行われるのは非常に遺憾であり、大学側としても何かしらの対策を早急に講じることをお願いいたします。
 なお、今までの選挙管理委員会と私のやり取りを選挙用のブログ(http://u-ryukyu.seesaa.net)から抜粋して添付いたしました。ぜひ参考にしていただきたいと思います。

2007年度学生会会長候補
法文学部人間科学科哲学・倫理コース
041698D
宮原一郎
(住所・電話番号省略)

**********************************
posted by 宮原一郎 at 18:05| Comment(6) | TrackBack(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動投票の情報 12/15

9:50@共2−104
10:10@工4−211
10:20@工1−221
12:00@理313
16:00@サークル会館101
17:30@サークル会館2階
18:30@サークル会館3階
→選管の判断により中止
posted by 宮原一郎 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

選挙方法に関する抗議文

本日行われている移動投票について、選管に以下の抗議文を提出します。

**********************************
選挙方法に関する抗議文

琉球大学学生会選挙管理委員会
委員長 原和稔殿

 本日実施された移動投票において、複数の問題点が見られたので、以下のとおり指摘し、即刻の運用改善を求めます。

1.移動投票の場所について。
 移動投票用の投票箱は3つしか用意されていないにも関わらず、本日12:40からの移動投票は4箇所で予定されていました。その点について電話で問い合わせたところ、「いずれかの投票所を早めに切り上げて、別の場所に向かう。」といった回答を頂きましたが、その後、12:42に「4箇所のうち2箇所での移動投票を中止する。」との報告がありました。こうした不手際の影響で投票する意思はあっても投票できなかった有権者がでることも十分に予想されます。

2.名簿の確認について。
 移動投票において、名簿用紙に書かれた学部・学科、学籍番号、氏名が、学生証に記載されているそれとが一致しているか否かの確認がなされていなかったり、過去に投票した学生の名簿にその名前がないかの確認がなされていなかったり、といった状況が生じていました。12月12日に行われた「選挙方法に関する説明」後の電話連絡において、「投票者名簿に関しては、常に最新のものを共有し、重複を避ける。」との旨の説明と食い違っている。

3.投票所での投票のよびかけについて。
 移動投票の場所において、投票が始まったら特定の候補者への応援を行ってはいけないという説明を受けたが、そのことについて各選挙管理委員会が理解していない、という状況が生じていた。

運用改善のためには移動投票場所の削減もしくは中止し、固定投票所の投票時間を延長することが必要であると思われます。こうなることを予想して私から以前に移動投票中止を呼びかける要望書を提出していましたが、受け入れられることなく現在の選挙方法が確定してしまいました。

上に挙げた問題点が解決されずにこの選挙が続けられた場合、私としては投票の無効を訴えることも視野に入れています。

2006年12月14日
学生会長候補 宮原一郎

**********************************
posted by 宮原一郎 at 14:19| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告示4号とその対応

選挙管理委員会より、告示第四号が掲示されました。以下はその前文とそれに対する私たちの抗議文です。

**********************************

二〇〇七年度学生会会長選挙に関する
告示 第四号

二〇〇七年度学生会会長選挙 投票期間の開始にあたって

十二月十三日から二〇〇七年度学生会会長選挙の投票期間がはじまります。投票権は学部在籍者全員にありますので、ぜひ積極的に投票をしましょう。当選挙管理委員会は公正な選挙に実現のために万全を期す所存ですので、ぜひみなさんご協力ください。
 ところで残念なことに、十二月十一日の立会演説会において、立候補者の一人である宮原一郎君の推薦人が、「応援演説」の時間を使って「二重・三重の投票をいくらでもできる」などと選挙管理委員会への不信をあおる行為をおこないました。この行為は、これから投票しようとしている自治会員を冒涜するものでもあります。選挙管理委員会は、このような選挙妨害行為に警告を発し、中断を指示しました。
 選挙管理委員会は、二重投票を防止するための対策については万全を期しております。それにもかかわらず、宮原一郎君の推薦人がこのような行為を行ったことは、きわめて遺憾であり、厳重に注意します。
 また十二月六日昼休みに、放送クラブの当日のアナウンサーが「選挙管理委員がいつ・どこで選ばれたのかもわからない」などという主旨の放送をおこないました。選挙管理委員会は十一月二十二日の運営委員総会において正式に選出されており、それは十一月二十八日発行の「自治会ニュースNO7」でも報告されていることです。こうした事実を確認することもなく、上のような選挙管理委員会への誹謗がなされたことはきわめて遺憾であり、これについても厳重に注意します。
 自治会員のみなさんには、このような選挙管理委員会への不振あおりに惑わされることなく、次期会長を選出するために、立候補者の抱負・目標をめぐって建設的に議論し、投票することをよびかけます。

 投票の際には学生証を確認しますので携帯してください。
 大学会館一階に設置する固定投票所の投票時間を、次のように変更いたしますので、ご了承ください。
十二月十三日(木)〜十五日(金)の正午から午後一時まで としていた投票時間を  
十一時五十分〜十二時五十分まで に変更します。
二〇〇六年十二月十二日      
琉球大学学生会中央選挙管理委員会   
委員長 原和稔
連絡先 〔携帯電話番号につき省略〕

**********************************

**********************************

立会演説会における選挙管理委員会の対応に対する抗議文

琉球大学学生会中央選挙管理委員会
委員長 原和稔殿

 十二月十一日の立会演説会において、宮原一郎の推薦人、中村圭介の応援演説を中断し
たことに関して、以下の理由により抗議し、謝罪を要求します。

1.中村の「選挙方法に疑問がある」とした発言は昨年以前の選挙に関して述べたもので
あり、現在の選挙管理委員会を批判したものではない。

2.実際に、昨年以前の選挙方法は二重・三重の投票を防ぐ対策がなされていたとは言えない。今回の選挙でも、我々の指摘があるまで二重投票の防止策が検討されていなかったことを見ても明らかである。

3.中村は「選挙方法が不備であったのは、有権者の意識が低く、低投票率であったのでそれを許していた。有権者はまず投票に行くことで学生会に責任を持つことが必要である。一方で学生が責任を持てる学生会であるためには、結論ありきの意見集約ではなく、なるべく多くの学生の意見を集約する必要があるので、開かれた自治会を創ると主張する宮原を支持する。」という主旨の演説をしようとしていたのであり、選管批判が目的ではなかった。

4.演説の主旨を理解せず、あのようなかたちで演説を中断させることは到底認められることではない。
以上

2006年12月14日
学生会長候補 宮原一郎
推薦人 中村圭介

**********************************
posted by 宮原一郎 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動投票の情報 12/14

授業・サークルの関係者以外の移動投票場所での投票が認められました!
固定投票所で投票できない方も、そちらで投票できます。

10:10@工4‐111
10:20@法文新棟113
10:20@工1‐222
11:50@共通2‐101
12:40@法文新棟215
12:40@共通1−217
12:40@共通2−201
12:40@法文103
14:30@工2−313
14:30@共通1−118
16:10@共通2−305
16:10@共通1−118
16:10@共通3−301
16:20@共通1−217
16:40@サークル会館101→今日、21:45まで。→21:20頃に終了しました。
17:50@共通3−205
17:50@共通2−201
18:00@サークル会館101
18:30@サークル会館204
19:30@法文1階玄関
20:00@サークル会館101
20:30@サークル会館駐車場→20:55@サークルプレハブ一次棟2階に変更になりました。
21:00@サークル会館2階
posted by 宮原一郎 at 09:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 移動投票の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

移動投票の情報 12/13

10:10〜@法文新棟114
19:30〜@第一体育館武道場
posted by 宮原一郎 at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 移動投票の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。